TOP現在位置

会社情報
手配旅行業約款
プライバシーポリシー

お申し込みの流れ
キャンセルについて
注意事項
免責事項
ご相談フォーム
よくある質問

メールニュース購読
アンケートのお願い

基本情報
出発前に必要な情報
現地情報
エアライン情報
Links



 旅行前に是非一冊は手元に置いておきたいガイドブック。
 たくさんある中からお勧めのガイドブックを紹介します。
 書籍は全てamazon.co.jpにて購入可能です


 

ガイドブック
cover 「バリ」リゾート&スパ―「アジア」至福のリゾート,納得のホテル TOKIMEKI ALAN’S SELECTION
内容(「MARC」データベースより)
神々しい山々から椰子の木茂る白砂海岸への自然空間の中に、伝統的な
祭りや風習を護り続けるバリ。いまや日本を越えているといわれる設備と
サービスを誇る、極上のリゾート&スパを写真と文章で紹介する。英文併記。
cover バリ島の心地よいホテルコロナ・ブックス (65)
出版社/著者からの内容紹介
外観はまるで隠れ家のようでありながら、洗練されたサービス、エスニックと
モダンを絶妙に融和させた内装・設備で観光客を陶然とさせるバリ島のホテル、
ベスト21を紹介する。
cover アジアの楽園ビーチ&ホテル
内容(「BOOK」データベースより)
タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン ため息がでるほど、美しいこの世の
楽園の景色が広がる。「大人気のアジアのベストビーチ&ベストホテル・ガイド」。
cover ふたりで行くアジアの「隠れ家」ホテル
内容(「BOOK」データベースより)
バリの最新ホテルをはじめとした、アジアのロマンティックな隠れ家を満載。
インドネシア、フィリピン、タイ、マレーシアの最新ホテルガイド。
cover ハッピーバリ―ガールズ・トラベラーズ・ファイル
内容(「BOOK」データベースより)
大人の雑貨が買える店、厳選星空スポット、森の実の幻のカフェ、ロスメン
から隠れ家ホテルまで、バリナンパ師のテクニック…などなど、体験談と
情報満載。
女の子による女の子のための街歩きガイド。バリお散歩マップ付き。
cover 大人のバリ―とっておきの南の楽園 モア・トラベル
内容(「MARC」データベースより)
大人の世界にたっぷり浸れる優雅なコテージ風ホテル、エスニック料理、
バティック、そしてボロブドゥール遺跡やバリ絵画、工芸品…。
エキゾチックな魅惑のバリを徹底ガイド。
cover Crea due traveller−特集楽園スパでキレイを極める!

内容(「MARC」データベースより)
癒しの楽園を求めて、バリ・タイ・インド・ヨーロッパへ。体の芯から
キレイになれる至福のスパ100軒を掲載。日本の極上スパ最新案
内も収録。

cover Crea due traveller−特集楽園バリ「100の誘惑」
内容(「MARC」データベースより)
バリ島の最先端エリア・クロボカンや、民宿のようなロスメンから
専属バトラーのいるエステートまで多種多様なホテルの数々、
個性派リゾート・ワカ・エクスペリエンスなどバリ島リゾートをナビ。
データ:2003年12月現在。
cover Crea due traveller−特集アマンリゾツ進化論
内容(「MARC」データベースより) プーケットに始まり、バリ、モロッコ、
メキシコ、カンボジア、そしてインドへ。
アマンの「リゾート革命」は続いている…。
生まれ変わった「至高の楽園」アマンリゾート進化論を徹底特集。
データ:2003年9月現在。

コラム,エッセイ,紀行,ハンドブック
cover 本当に心地よいバリ
内容(「BOOK」データベースより)
あなたの知らないバリがある。食べる、癒す、遊ぶ、恋する―Baliフリークが教える究極のバリ事情。
cover バリ島バリバリ―女たちのムフフ楽園旅行記 知恵の森文庫
内容(「BOOK」データベースより)
"豪華絢爛な葬式"を見たくて女たちはバリ島へ飛び立った。その明るさと行動力で、体あたり、食あたり、ヤツあたり(!)の心意気で島中を駆けめぐるが…!?楽しい値切りの裏ワザからオススメ穴場ホテル、そして心やさしきバリ人との付き合い方まで、読んで楽しく見て楽しく、そして使える、観光だけじゃないナマのバリの姿を伝える超バリ本。
cover バリ島の小さな村で
山河、田んぼ、屋敷日常の中に神々が存在し、時空を超えた祭礼が執り行われるバリの村には、懐かしい風が吹き抜けていく。バリに通い続けること20年余年。水道、電気、車もない悠然としたときが流れる村の暮らしから見えてきたものは…。
cover バリパラ
内容(「MARC」データベースより)
バリ暮らしの魅力。それはサルーン一枚の幸福。ビーチでもワルンでも腰巻一枚で出かける。寝て起きて遊んで食べてまた眠る。南の島の朝日と夕陽の間で猫の様に暮らすあなただけの楽園見つけの旅。
cover バリ島クタ蓮横丁のぽかーん亭
内容(「MARC」データベースより)
神と精霊と悪霊の棲む島バリを訪れた著者が綴る、異色のバリ島旅行記。バリ島そのものが手をさしのべて、まるごとバリ的感覚の世界へ引きいれ、その世界の多様性をかいま見させてくれる。訪れるたびに起こる新しい体験の数々。
バニャ・バニャのバリ
内容(「MARC」データベースより)
バリ、そこは見えないチカラにあふれた島。少しだけ新しい私と待ち合わせした-。にぎわう市場、緑豊かな田園、満天の星、イルカの群れ、聖なる山、人々の笑顔…。バリ島の魅力がみっちりと詰まった、旅ごころを刺激する絵本。
cover 好きになっちゃったバリ―不思議島ドタバタ見聞録    アジア楽園マニュアル
内容(「MARC」データベースより)
独自の風習を守り続け、南洋幻想を見事なまでに具現して安らぎを与えてくれるバリ。そのバンジャールを訪ね、一般家庭でバリ料理にトライし、ガムランの楽器を叩いたりと、バリを体験しまくるガイドブック。
新・好きになっちゃったバリ好きになっちゃったアジア
内容(「MARC」データベースより)
独自の風習を守り続け、南洋幻想を見事なまでに具現して安らぎを与えてくれるバリ。フード天国の奥の奥、ホテルの快適&格安マル秘情報、さらに先にある楽園など、ディープなバリ情報が満載。1996年刊を全面刷新。
cover

バリの魂、バリの夢 講談社文庫

出版社/著者からの内容紹介
バリが失ったもの守り続けているもの この島は、何故かくも旅人のこころをからめとるのか!?究極のバリ島読本
cover ガムランを楽しもう―音の宝島バリの音楽 音楽指導ハンドブック
内容(「MARC」データベースより)
アジアの音楽の中でも世界的に人気があり、教育の素材としても注目されているガムラン。特に人気が高いバリ島のガムランを中心に、音楽の特徴と演奏の仕方をわかりやすく解説した画期的な入門書。
cover バリ島の日々
内容(「MARC」データベースより)
観光の島としてではなく、精神文化の宝島、バリ島。島民全員が農民にして芸術家。現代バリ・アートの数々を、バリの奥深さと崇高さをうたうエッセイとともに紹介する。本物のバリが見えてくる。
cover バリ島芸術をつくった男―ヴァルター・シュピースの魔術的人生 平凡社新書
内容(「BOOK」データベースより)
バリを訪れた人々を惹きつけるバリ絵画、ケチャ・ダンス、バロンとランダの闘争を中心にした呪術劇チャロナラン…。これらはロシア生まれのドイツ人がバリ人と共につくったものだった。彼は自ら絵を描き、写真を撮り、チャーリー・チャップリン、コバルビアス、ミード、ベイトソンらの案内役をも務めている。そして、日本軍の爆撃により四十七歳で不思議な生涯を閉じた。最良のものをバリに捧げた男の人生をたどり、"美と祝祭の島""陶酔の島"の秘密に迫る。
cover 演出された「楽園」―バリ島...
内容(「MARC」データベースより)
「最後の楽園」バリ。そのイメージはどのようにして創られたか。西欧による「発見」とバリの「自覚」が織り上げた、近代と伝統を生きる「楽園」の歴史物語。
cover バリ島講談社現代新書 (1395)
出版社/著者からの内容紹介
「神々の島」「芸術の島」は、いかにして生まれたのか。バリ、バリ、ニューヨークを結んで織りなされた植民地時代の物語をたどり、その魅力の深層に迫る。
バリ ハイダウェイズ―アジアに秘密の隠れ家ホテルを求めて    Up‐front photo documentary guide 弓永 重明, 塩沢 槙
内容(「MARC」データベースより)
地上のどこかに、貴方のためだけに用意されたホテルがきっとある。貴方と貴方の愛する人と二人のためのホテルが…。熱帯の島・バリ島の宝石のように美しい隠れ家ホテルを写真で紹介する、アジアン・リゾート・シリーズ第1弾。
京都・バリ島車椅子往来 大村 しげ (著)
内容(「MARC」データベースより)
古都から南の島へ-。老いと障害を抱えての往来の中で見えてきた人の心、福祉のありかたなどをやわらかな京ことばで綴る。死の直前まで書き続けた、京女・大村しげ最後のエッセー集。
アユとビビ京おんなのバリ島 大村 しげ (著)
内容(「MARC」データベースより)
祇園ばやし恋しさに南の島へ旅立って15年。可愛いバリ娘アユと、ビビさんと呼ばれる80歳の生粋の京おんなしげさんの、楽しいこと、珍しいこと、食べ物のことなど、バリ島ウブッド村暮らし12カ月。
車椅子の目線で―京都・バリ島、暮らしの旅 大村 しげ (著)
内容(「MARC」データベースより)
バリ島旅行中に脳梗塞で倒れてから車椅子の生活となった著者が、バリ島の医療のこと、京都での病院暮らし、車椅子生活になってから感じたことなどを優しく鋭い言葉で綴る。



(C) 2002,2010 PT.Partenza Indonesia,All Rights Reserved.
Partenza Tour&Travel